宅内死亡(孤独死)

一歩先を行く技術。私たちにお任せ下さい。

宅内死亡(孤独死)

日本は『少子高齢化』の影響を強く受けており、その結果、『孤独死』や『孤立死』の事例が増えています。最近、メディアでもよく取り上げられる『孤独死』は、多くの方々の関心を引いています。
核家族化の増加や単身での高齢者の生活、『地域コミュニケーションの希薄化』といった要因が背景にあるとされています。さらに、『セルフネグレイト』というフレーズが注目されており、その意味や影響、特に孤独死との関連についての情報が多くの人々から求められています。
セルフネグレイトは、日常生活の基本的な興味や行動が欠落してしまう状況を指し、この状態が家族や地域社会からの孤立や『孤独死のリスク』を高める要因となっているのです。

宅内死亡(孤独死)

『孤独死清掃』の専門家、プロアシストは、多くの孤独死現場での『消臭方法』や『害虫対策』に関する豊富な経験を持っています。
体液の流れや腐敗臭の原因となる要因を正確に把握し、それに対応する最適な手法を提供します。『孤独死後の消臭方法』や『害虫対策』の要求が高まる中、私たちは確かな技術と経験でお部屋の『現状復帰』を実現します。
プロアシストは、孤独死清掃の真の専門家として、ご遺族の方々に最上のサービスを提供いたします。

特殊清掃のプロ「事件現場特殊清掃士」が心をこめて作業します

遺品整理 優良事業所

遺品整理士とは

一般社団法人 遺品整理士認定協会認定証
遺品整理の専門家として、私たちは故人に対する畏敬と感謝の気持ち、そしてご遺族への心からの配慮を最優先に考えています。遺品整理士の資格は、一般社団法人遺品整理士認定協会が提供する正確な知識や技術の学習と理解を基に授与されるものです。この資格は専門的な知識を持つ者だけに与えられます。私たちは法令に基づき、その遵守への認識を高め、専門的な実務に努めています。

このようなお悩みをプロアシストは解決いたします!

  • 遺品の整理が必要だがどうやってよいかわからない
  • 遠方のため遺品の整理や部屋の片付けに行けない
  • 物が多くて家族だけでは片付けきれない
  • 孤独死してしまった方の部屋を片付けたい
  • プロアシスト千葉の宅内死亡(孤独死)
  • プロアシスト千葉の宅内死亡(孤独死)
  • プロアシスト千葉の宅内死亡(孤独死)

プロアシストの特殊清掃作業とは

作業その1

プロアシストの特殊清掃作業とは

孤独死や孤立死の現場でよく見られる体液は、臭いの主要な原因となっています。これらの体液には血、尿、便、体内の脂などが混ざり合っています。臭気が感じられる場合、細菌が繁殖している証とも言えます。そのため、感染症への感染リスクが高まります。プロアシストはこのような危険を排除するために、防護服、防護眼鏡、防毒マスク、ビニールの手袋などの安全装備を身につけて対応します。作業開始前には、細菌を除去するための専用薬剤を噴霧し、その後で徹底的な清掃を行います。

作業その2

プロアシストの特殊清掃作業とは

単純に床上の汚れを取り除いただけでは、腐敗の臭いは完全には消失しません。故人が亡くなった場面や状況によって、対応は異なります。例えば、フローリング上で亡くなった場合、体液が隙間に浸透しているため、その隙間まできちんと清掃しないと、臭いの根源を取り除くことはできません。また、長い間発見されなかった場所では、壁紙やクロスに臭いが染み付いていることが多く、これらを取り外さないと完全に臭いを除去することは難しいです。したがって、それぞれの現場での独自の対処法が求められます。プロアシストはそれぞれの状況に合わせて、最適な作業方法を検討して対応します。

作業その3

プロアシストの特殊清掃作業とは

徹底的に汚物を清掃した後、次のステップとして遺品の取り扱いが必要となります。故人が残された物品には、腐敗の臭いが付着していることが多く、これらの物品が部屋に残っている限り、完全に臭いを無くすことはできません。特に、衣服やカーテン、絨毯、ソファなどの繊維製品は臭いを吸収しやすく、これらを部屋から取り除かないと、臭気の完全な除去は難しいのです。

作業その4

プロアシストの特殊清掃作業とは

遺品の撤去が完了した後は、臭気完全撤去のための消臭処理が始まります。部屋のすべての家具や家財が撤去された後、専用の薬剤を天井から壁、そして床へと噴霧します。その後、オゾン脱臭器を活用して、OST法(オゾンショックトリートメント法)を用いて強力な消臭を実施します。この処理にかかる期間は臭いの強さや部屋の広さによるため変動しますが、平均で約3日を要することが多いです。最終ステップとして、依頼者様に部屋の状態をご確認いただき、作業完了の確認を受けて終了となります。

リフォームについて

特殊清掃や遺品整理、OST法を用いた消臭処理が完了した後、めくられた壁紙(クロス)やフローリングのリフォームが必要となることがあります。そうした場合でも、プロアシストはお客様のニーズに応じて、信頼性の高いリフォーム業者や工務店をご紹介することができます。万が一、建物の解体が必要な場合にも、適切な解体業者をご案内いたします。どのような状況でも、プロアシストが全力でサポートさせていただきますので、どうぞご安心ください。

ご依頼の流れ

01
メールまたは電話でのお問い合わせを頂きます。
02
無料にてお見積もりにお伺いします。
03
実際に作業を行う部屋にてお見積もりを提示させていただきます。※予算等、お気軽にご相談ください。
04
提示させていただいたお見積もりでご納得いただければ作業日程の打ち合わせを行います。※見積時に即作業も承っております。ご相談ください。
05
作業日当日、状況により搬出前に除菌、消臭を行います。その後に臭いの元になるもの(お布団や畳など)を搬出し再度、除菌、消臭作業を状況に応じて繰り返し実施し、現場に応じてオゾン消臭機を使用した作業を実施します。
06
汚染物除去にともない、ご希望であれば別作業にてフローリング、床板まで撤去いたします。
07
作業終了後、お客様にお部屋の最終確認をしていただきます。
08
ご確認後、問題がなければ料金をご精算していただきます。

作業費用

作業料金
床上の特殊清掃¥30,000~
浴室の特殊清掃¥50,000~
消臭剤・除菌剤の散布¥10,000~
消臭オゾン脱臭処理¥10,000~
畳の撤去(1枚)¥3,000~
  • お見積もりは無料にて実施します。
  • 消費税は別途請求となります。
  • 上記料金には体液、血液、汚染物の除去、汚染物の梱包、搬出、害虫除去、清掃、除菌、消臭作業1回分が含まれます。
  • 汚染物の廃棄処分につきましては別途お見積もりとなります。
  • 現場の状況により、追加での消臭作業が必要な場合は別途作業にてお受けいたします。
  • 特殊清掃パック料金の適用は『遺品整理作業』と合わせてご依頼して頂く場合のみ適用とさせて頂きます。

特殊清掃パック料金

作業料金
特殊清掃¥78,300~

作業の様子

  • 宅内死亡(孤独死)作業の様子
  • 宅内死亡(孤独死)作業の様子
  • 宅内死亡(孤独死)作業の様子
  • 宅内死亡(孤独死)作業の様子
  • 宅内死亡(孤独死)作業の様子
  • 宅内死亡(孤独死)作業の様子
  • 宅内死亡(孤独死)作業の様子
  • 宅内死亡(孤独死)作業の様子
  • 宅内死亡(孤独死)作業の様子
  • 宅内死亡(孤独死)作業の様子
  • 宅内死亡(孤独死)作業の様子
  • 宅内死亡(孤独死)作業の様子

よくある質問

孤独死、孤立死、自殺の現場でも対応していただけますか?

もちろん、対応させていただきます。
その他にも、事件現場、火災現場、ゴミ屋敷の中での孤独死など、様々な状況でも対応させていただきますので、是非一度、ご相談ください。
(※警察や行政により立ち入り制限されていない限り、対応可能です。)
又、異臭などで近隣住民様にご迷惑をかけるなど緊急を要する場合でも、状況に応じては即日の作業対応も可能でございます。

死臭、異臭はどの程度まで取れるのですか?また日数はどのくらい掛かりますか?

お亡くなりになられた状況(場所)、臭いの種類により、消臭作業方法が異なりますが、皆様が感じる強烈な臭いでも、特殊清掃を行えば数時間で、おおよそ8割~9割以上の消臭ができ、翌日には強烈な臭いも感じなくなります。
他業者で完全消臭が出来ず、当社に再度消臭のご依頼をいただく事も御座います。
過去に消臭が出来なかった事はほぼ御座いません。

特殊清掃の追加請求って御座いますか?

特殊清掃に関しましても、基本的には追加請求は致しません。
ただし、お亡くなりになられた場所や状況に応じては、床、壁、トイレなど解体作業をしたうえでしか状況が把握できない場合も御座います。
その際はお客様に予めその内容を必ずお伝えしたうえで作業を進めて参りますのでご安心してください。