新着情報

遺品を捨てられない原因と捨てる方法|捨てずにいると大変なことに

遺品整理で物が捨てられない

遺品整理を行うかたのなかにはさまざまな理由から遺品を捨てられず、作業が進まずに悩んでいるかたがいるでしょう。

そこでおすすめなのが、プロである業者に任せること。

日頃から遺品整理を行っている業者に任せることでスムーズに作業が進み、自身で遺品整理を行うより早く終わらせられるのです。

本記事では、遺品を捨てられない原因や遺品整理を早く行ったほうがいい理由、業者を進める理由について、具体的に解説していきます。

目次

遺品を捨てられない主な原因

遺品整理を行ううえで遺品を捨てられない主な原因は、次の5つがあげられます。

  1. 物が多すぎる
  2. 処分方法がわからない
  3. 気持ちの整理がついていない
  4. 時間がない
  5. 遠方に住んでる

それぞれがどのような状態なのか、具体的に解説していきましょう。

物が多すぎる

物が多すぎると、どこから手を付けたらいいのか分からず、思うように遺品整理が進みません。

また、同居していたならともかく、自分の家ではなく故人の家での遺品整理だと、余計に何がどこにあるのか分からず、手を付けられないでしょう。

特に、故人に骨董品や美術品などを集める趣味があった場合、通常より物が多いです。

なかには資産価値の高いものもあり、余計にどうしたらいいのか分からなくなるでしょう。

処分方法がわからない

遺品のなかには処分方法が分からないものがあるでしょう。処分方法が分からないと手が止まってしまい、そのまま遺品整理が進まずにつまずいてしまいます。

特に、ゴルフの会員権や土地の権利書、収集品などは処分方法が分からないものの代表例です。

これらのなかには、相続に関係するものもあり、勝手に処分したことで親戚とのトラブルへ発展してしまう可能性があるでしょう。

気持ちの整理がついていない

故人を亡くした傷は簡単に癒やせるものではなく、しばらくは気持ちに整理がつかないでしょう。

そのような心境では自身の手で遺品整理するのもつらく、思わず手が止まってしまいます。

特に、故人との思い出がある遺品は手に取るだけでも思い出が過り、心に傷を負うかもしれません。

また、大切な思い出の品を処分すると考えるだけでも、つらい気持ちになってしまうでしょう。

時間がない

遺品整理を行う人のなかには、普段から働いていたり育児に追われていたりして忙しい人がいるでしょう。

そのような場合には、遺品整理に時間をとることができず、作業が進まないことがあります。

また、家具などの大きな遺品を整理する場合には人手が必要となり、ほかの人とスケジュールを合わせなければなりません。

時間が取れないと日程調整がなかなかできず、余計に遺品整理が進まなくなるでしょう。

遠方に住んでる

故人と離れて暮らしていた場合、故人の家へ行って遺品整理するのには時間も出費もかかり、思うように遺品整理が進みません。

特に、自身が働いているとまとまった休みを取れず、故人の家へなかなか行けないでしょう。

また、大きな遺品を整理する場合やほかの親戚に判断を仰ぐものが多い場合は、故人の家へ集まらなければなりません。

そのようなときに故人の家が遠方だと、日程が合わず先延ばしになってしまうでしょう。

故人の遺品を捨てる方法

先述した通り、遺品を捨てられないのにはさまざまな原因がありますが、遺品を捨てるにはどのようにしたらいいのでしょうか。

遺品を捨てる方法として、次の3つがあげられます。

  1. 処分しやすいものから手をつける
  2. 心の中にある感情を吐き出す
  3. 遺品整理業者に依頼する

それぞれの具体的な内容を見ていきましょう。

処分しやすいものから手をつける

処分しやすいものから手をつけることで、達成感を得られ遺品整理が進みます。

遺品整理に限らず部屋の片付けを始めると、次第にきれいになる部屋に達成感を得て、思いがけず片付けが進むでしょう。

遺品整理でも同じように処分しやすいものから手を付けることで、遺品整理が進んでいく場合があります。

理想的な方法としては、今日はここを片づけようと目標を細かく立てて達成しやすいゴールを作り、達成感を積み上げることがおすすめです。

達成感を得るとやる気が出て遺品整理が進んでいくでしょう。

心の中にある感情を吐き出す

心の中にある感情を吐き出すと気持ちに整理がつき、すっきりとした気持ちで遺品整理へ挑めます。

遺品に思い入れや故人との思い出が詰まっていると、遺品整理に対してネガティブな感情を抱いてしまうでしょう。

それらの気持ちを吐き出すことで、ストレスを解消して前向きな気持ちで遺品整理に挑めます。

おすすめの方法としては、自分の気持ちをノートなどへ書き出していくことです。

なるべく手を止めずに思っていることをありのまま書き出し、自分の気持ちを吐き出して心をすっきりさせましょう。

遺品整理業者に依頼する

遺品整理業者に依頼することで、迅速に遺品整理を終えられます。

業者は日ごろから遺品整理をしているため、作業に慣れておりスピーディーに終えてくれます。

ほかにもさまざまなメリットがあり、遺品整理が進まない場合には業者へ任せることがおすすめです。

ほかの詳しいメリットは後述するので、そちらを参考にしてください。

故人の遺品を早く捨てなければならない理由

さまざまな理由によって遺品を捨てられないと、次の3つのようなデメリットが発生します。

  1. いつまでも過去に縛られる
  2. ホコリやカビが発生する
  3. 遺族間でトラブルが発生する

なぜこれらのことが発生するのか、詳しい原因を見ていきましょう。

いつまでも過去に縛られる

遺品を残していると見るたびに故人を思い出し、過去に縛られてしまいます。

遺品のなかには故人との思い出がつまっている品があり、見たり手に取ったりすることで故人を偲ぶことがあるでしょう。

もし、偲ぶことで前向きな気持ちになれるなら問題はありませんが、つらい気持ちを思い起こしてしまい、過去に縛られているようではいけません。

そのような場合には、遺品を手放すことで前向きになれることがあります。

過去だけに縛られず今を生きていくためにも、遺品を速やかに整理することがおすすめです。

ホコリやカビが発生する

遺品のなかにはホコリやカビが発生しやすいものがあり、早く処分しないと健康を害するおそれがあります。

衣類やカーペットなどの遺品があると、繊維のクズからホコリが発生してしまうでしょう。また、遺品が大量にあることで風通しが悪くなり、カビの発生も考えられます。

もし、この状態で放置すると部屋の中がホコリやカビだらけになり、アレルギーを引き起こしたり害虫が発生したりすることも。

ほかにも、大切な遺品がホコリやカビで汚れてしまうので、遺品整理を進めて速やかに不要なものを処分することが大切です。

保管場所の問題

遺品が残っているといつまでも部屋が片付かず、部屋のスペースが空きません。

遺品が残っているとその分だけ部屋のスペースが取られ、居住空間が狭くなってしまいます。

生活の場にものがあふれると自分のものを増やせないばかりか、だんだんと片づけるのが面倒になってしまうでしょう。

そのような状態が続くと散らかっていることでストレスになったり、集中力が低下したりしてしまいます。

自身のメンタルを安定させるためにも、速やかに遺品を整理して居住空間を確保しましょう。

遺族間でトラブルが発生する

いつまでも遺品を残しておくと次第に遺品や部屋が汚れていくことで、誰が遺品整理をするのか、遺族間でトラブルが発生する可能性があります。

先述した通り、いつまでも遺品を残しておくとホコリやカビが発生して、遺品や部屋が汚れていくでしょう。

そのような状態になると誰も遺品整理をしたがらず、誰が遺品を処分するのかトラブルが発生する可能性が考えられます。

親族間でのトラブルを避けるためにも、速やかに遺品整理の計画を立てて、遺品を早めに処分することが大切です。

遺品整理はプロの業者に任せた方が安心な理由

遺品整理は先述した理由から早く行うことがおすすめですが、さまざまな事情から作業が進まないことがあるでしょう。そこでおすすめなのが、プロの業者に任せること。おすすめの理由としては次の3つがあげられます。

  • 心理的、身体的な負担が軽減する
  • 遺品の価値や、処分の判断に困らない
  • 遺品供養ができる

それぞれの具体的な内容を見ていきましょう。

心理的、身体的な負担が軽減する

遺品整理をプロの業者に依頼することで、自身で遺品整理を行わずに済み、心理的または身体的な負担が軽減されます。

遺品整理は遺品の量が多いと何度も故人の家へ足を運ぶ必要があり、身体的な負担がかかる場合があるでしょう。

また、故人との思い出の品を整理することで心理的な負担がかかるおそれもあります。

その点、プロの業者に依頼をすれば故人の家へ行く回数が少なくなるうえ、思い出の品を自分で処分せずにすみます。

心理的または身体的な負担が軽くなるでしょう。

遺品の価値や、処分の判断に困らない

遺品整理業者は普段から遺品整理を行っていることで、遺品の価値や処分してはいけないものを把握しています。

個人で遺品整理を行うと、遺品の価値が分からないものや処分の判断に困るものが出てくるでしょう。

そのようなときに毎回手を止めて調べていたら、思うように遺品整理が進みません。また、処分してはいけないものを捨ててしまうことも考えられます。

一方、業者に任せれば遺品整理に慣れているため、価値があるものや処分してはいけないものを誤って捨てることはありません。

自分で遺品整理を行うより安心して任せられるでしょう。

遺品供養ができる

多くの遺品整理業者では遺品をお焚き上げをして遺品供養してくれます。

自分で遺品整理を行った後に遺品供養をしようとすると、神社や寺などお焚き上げをしてくれるところを探さなければなりません。

すぐに条件に合うところが見つかればいいですが、なかなか見つからないことがあるでしょう。

その点、多くの遺品整理業者では遺品供養などのサービスを行っています。業者に任せれば遺品整理から遺品供養まで行ってくれるので、最低限の手配ですむでしょう。

まとめ

さまざまな事情から遺品を捨てられず、遺品整理が進まないことがあります。

しかし、そのままにしていてもいいことはありません。もし、自身で遺品整理を行うのが大変ならば、プロである遺品整理業者に任せましょう。

プロに任せることで安心を買えるほか、心理的・身体的な負担を軽減できます。

遺品供養などのオプションもついているので、まずは自身の条件に合う業者を探してみましょう。